アメリカの衣・食・住について

世界中どこで暮らすにしても必ず、衣・食・住の問題はつきまといます。

アメリカは、よっぽどの田舎町、砂漠のど真ん中、はたまた山奥でもない限り、
日本人が驚愕するほどの違いはないでしょう。

ましてや、ニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコといった都会では、
何不自由なく暮らせる人もいるでしょう。

ちなみに、ロスエンジェルスは、日本では考えにくいほどの車社会なので、
ちょっと別物と考えておいた方が無難です。

とは言え、100%全く日本と同じ生活ができるわけではありません。
個人差はありますが、多かれ少なかれ、生活習慣のギャップを感じる時があります。
そこで今回は、生活の基盤ともなる衣・食・住についてまとめてみました。

【アメリカの衣】

極端に寒い or 暑い という地域でなければ、まず日本と変わらないです。
ただ、田舎町はもとより、いわゆる地方都市レベルの所でも、
オシャレなお店が少ないのがアメリカです。
ファッションにこだわりのある人にとっては、物足りなさを感じることでしょう。

また、女性であれば、「体に合うサイズが無い」ということはよくあります。
中には、子供用サイズがぴったりという人もいます。
逆に大柄の人にとっては、嬉しい限りです。
日本ではサイズが無くて困っていたのが、アメリカでは問題なし。
特に、足の大きな人は、靴のサイズが合うので大助かりでしょう。

【アメリカの食】

衣服同様に、こちらも僻地にでも行かない限りは、特に問題ありません。
近所のスーパーでもライス、味噌汁、ラーメンぐらいの定番日本食は買うことが可能です。
すし屋、ラーメン屋、定食屋など、地方都市でも1軒や2軒は存在しています。
ただ、日本人の口に合うようにではなく、
地元民の口に合うように作られているので、味の保証はできません。
また、日本食屋は概して値段が高めです。

【アメリカの住】

留学生が住む住居のタイプをおさらいすると、以下になります。
* ホームステイをする
* 学校の寮に入る
* 誰かとアパートなどをシェアして借りる
* 一軒家の空き部屋や、離れなどを借りる
* Studioで一人暮らしをする
* 長期滞在者向けホテルやウィークリーアパートに住む

どのタイプに住むとしても、日本とは勝手が違うことが多く、
住まいに関するトラブルは起こりやすいです。

どんなトラブルがあるかと言うと、、、
* ルームメートと反りが合わない
* 大家と契約のことでもめる
* 隣人がうるさくてかなわない
* ネズミやゴキブリに悩まされる
* そもそも、良い部屋が見つからない
などなど。住まいのことで揉めると、学業にも影響を及ぼしますので、実に深刻です。

逆に言えば、住み心地の良い住居をしっかりキープできれば安定して暮らすことができます。
日本と違い、広々とした物件も多いので快適さも違います。
また、屋内の設備に関して言えば、日本と変わらないので問題ありません。
例えば、水洗トイレ完備とか、シャワーはお湯がちゃんと出るとか、
電気・ガス・水道は普通に使えるとか。
古いオンボロ物件でなければ、深刻な事態に合うことは少ないでしょう。
まずは、自分の予算やライフスタイルに合わせて、居住タイプを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です