必ず手に入れたいアメリカ発行のクレジットカード。しかし、、、

資本主義社会の権化ともいれる国、アメリカ。
そんな国で留学生活を続けるのに、最も大切なものはなんだと思いますか?
ズバリお金です。

前にも書いた通り、お金がないと、留学、というかアメリカに住み続けることは不可能になります。
アメリカは、お金がないと非常に住みにくい国です。
例えば、アパートの契約をするとか、ディーラーから車を購入するとか、
事あるごとに「私は、お金あります」という証明する必要があります。
証明ができないと、まず相手にしてくれません。

では、どうやって財政能力を証明するのか?
お金を実際に持ってる or 持ってないは別にして、MUSTで必要なものがあります。それは、、、。

【アメリカ発行のクレジットカードをゲットしよう】

アメリカでは、クレジットカードを持ってない人は貧乏人か、
または支払いを焦げ付かせてブラックリストに載ってる人とみなされます。
言い換えれば、クレジットカードを持ってないというだけで、
社会的ステータスが低い落伍者的な扱いを受けます。
なので、“アメリカ発行”のクレジットカードを持つようにしましょう。
日本発行のはアメリカでの社会的ステータスを証明するのに不十分なので、意味がありません。

しかし、アメリカ発行のクレジットカードをゲットするのは大変です。
「クレジットヒストリー」という言葉を聞いたことありませんか?
日本でも使われていますが、クレジットカード保有者が、問題無く使用額を返済をしてきたか、
これまでの履歴を記録したものです。
このクレジットヒストリーが無い or 悪いと、アメリカではクレジットカードが発行されません。
「おいおい、クレジットカード作るのに、クレジットカード使ってからなのかよ?」
とかなり理不尽な話しですが、それがアメリカ社会なので諦めましょう。

留学生はクレジットヒストリーが無い状態からスタートしますから、
クレジットカードを作るのは大変です。
にもかかわらず、アメリカで何かの契約行為をするときには、
必ずと言っていいほど、このクレジットヒストリーをチェックされます。
留学生が必要に迫られる契約事項は、アパート、車のローン、携帯電話ぐらいだと思いますが、
相手に信用を与えるほどのヒストリーを持ってない人がほとんどです。
そうなると、「現金で数ヶ月分のデポジット金を払う」というような手段を取らないと、
まず契約はしてくれません。

カードを作る対応策も、一応あります。

* クレジットヒストリーが無くても作れる会社に申し込む 
* 事前に一定額を預け入れて、その分だけが使えるセキュアカード(Secure Card)を作る
* 学生向けのカードに申し込む

などです。

通常であれば、1年ほど問題無く使うと、
次のカードも申し込める程度の履歴が蓄積されてきます。
しかし留学生の場合は、これらのクレジットカードの審査も通らないかもしれません。
通ったとしても、これらのカードの保持者というだけで、クレジットヒストリーが低く見られますから、
本格的なカードを持てるようになるまでは時間がかかると思っていた方がいいでしょう。
学生という身分に加え、外国人というハンディも背負っています。
かなり厳しい状況だと覚悟をしておいてください。

とりあえずになりますが、日本発行のクレジットカードだけでも所持しておきましょう。
買い物の支払いをしたり、レンタカーを借りたりなど、日常生活で使う分には活躍しますので。
日本のカードも持っていないとなると、さらに信用度は下がってしまいますので注意を。

ちなみに、以下がクレジットヒストリーを調査している有名な会社です。
Eqifax:http://www.equifax.com/home/en_us
Experian:http://www.experian.com/
Trans Union:http://www.transunion.com/

一方で、銀行の口座は開くことができます。
現地で使うお金は、現地の銀行にキープしておいた方が便利です。
こちらは、ぜひ持つようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です