留学先で日本人グループと距離を置くコツ

アメリカ留学では、学習の意欲を減退されるような
日本人同士の付き合いが生じることがあります。

なぜなら、遊び半分で留学をしている人から、真剣に勉強をしたいと考えている人まで、
方向性の違う人が「日本留学生」という1つのカテゴリーの中にひしめき合っているからです。

しかも、生活するコミュニティーもそんなに大きくありません。
特に、日本人の少ない田舎の学校に留学となれば、お互いの距離感はかなり縮まります。
日本ではあまり付き合いそうにないタイプの人とでも顔を合わせる機会も増えますし、
何かしらの接点を持つことはほぼ避けられないでしょう。

自分とはノリの違う人達に、「あんた達とは付き合いたくない」とハッキリ言える人はいいですが、
そういうのが苦手な人はどうすれないいのか?
日本人グループと上手に距離を取って付き合うコツを紹介しましょう。

【そもそも 何で日本人同士でつるみがちになるのか?】

海外で日本人同士がつるむ理由、メインはこれです。

「海外での生活に慣れてない人同士が、必要以上に馴れ合う」

これは英語力の問題でもありますが、言葉が話せないために、、、
* 日本人以外の友達ができにくい
* 一人では気軽に出かけられない。行動範囲が狭くなる
* 独力でできるコトが限られる
* 暇な時間が多い
* トラブルに巻き込まれたら、助けてもらいたいと考えている

などなど。
要するに、海外で自立して生活できる力が乏しいため、
必要以上に日本人と付き合うことが多くなりがちです。

一方で、自立心アップも含めて学習意欲の高い人は、
こういう人達との距離は置いておきたいものですよね。

そこで、上手に日本人と付き合うコツを紹介しましょう。

【日本人と距離を置くコツは?】 

日本人との距離を置くコツは、一言でいえば、
学校以外での友人を増やし、現地の生活に溶け込んでいく時間を増やすことです。
そうすれば、生活の幅も広がりますし、何より忙しくなってきます。
馴れ合い的な日本人との付き合いをしている暇もなくなってくるでしょう。

友達を作るには、いろいろな方法がありますが、
以下のような方法であれば、いわゆる「変な友達」はできにくいことでしょう。

コツ1: ボランティア活動などをする
アメリカは日本以上にボランティア活動が盛んですから、すぐに見つかると思います。

コツ2: 趣味を通じて知り合う。
スポーツ、バンド活動、料理などなど。
自分の趣味のサークルなども、ネット検索すれば出てきます。

コツ3: ランゲージエクスチェンジのパートナーを見つける
日本語と英語を、お互いに教え合うような
ランゲージエクスチェンジの友達を見つければ、お互いにメリットがあります。
女性の場合は不安もあるかもしれないですが、「女性限定」で探せば大丈夫です。

友達作りの手段は、これらに限った話ではありません。
しかし、アメリカには「危ない奴」も多くいるのが現実です。
過剰に神経質になる必要はないですが、自己防衛の意識は持っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です